お金を学習するということで学ぶということの大切さと、大人になってからの家計の学び方などを書きました。
お金が掛かって家計が厳しいです。
お金が掛かって家計が厳しいです。

家計を学びお金を有利に使う

お金はとても重要なものですが、家計の中でのお金の配分は特に重要なものだと思います。その配分がうまく出来れば、無駄な出費が抑えられて、その分を快適な生活にまわすことが出来ます。お金についてはどうもネガティブなイメージが付きまといますが、私が思うに、もっと子供の頃からの教育で、学校でもお金というものの理解を深められる研究とか、投資などや善用悪用の例などを教えるべきではないかと思います。欧米では小学生から投資などの実践の勉強もしています。日本でも以前は子供銀行などを学校などで試していたことがありましたが、最近はほとんど聞きません。しかし実社会に出てみると、お金の使い方だけでも人生が如何に変わるかを身に沁みて感じます。家計の健全な運用の仕方も学んでいれば基礎が出来ていますから応用をするだけになります。

そのような基礎がない状態から始める場合には、まず学ぶ事からはじめますが、実社会に出てからの先生はインターネットではないかと思います。自分が意欲を持ちながら家計をどのようにやりくりすればよいかを学ばねば成りません。独身の時の家計から、夫婦になっての2人の家計、また子供が出来てからの家計のやりくりなど、何事にも最善の方法がありますから、よく耳にする家計をセンスの問題だけで捉えるのもどうかとも思います。確かにセンスや得意不得意はありますが、ようは足し算引き算の問題ですので、誰にでも出来ることだと思います。まず家計ではその基礎からのやり方を学ぶべきだと思います。そうすれば貯蓄も増えていきます。また安定もします。