お金をうまくやりくりにするのは家計で決まります。お金を大切に貯金を増やす技をご説明します。
お金が掛かって家計が厳しいです。
お金が掛かって家計が厳しいです。

お金のやりくりは家計で決まる

貯金したいのになかなかたまらない、という悩みを抱えている人は多くいることでしょう。家計簿をつけてみても3日坊主でつらかったりとうまくお金を貯めるにはどうすればよいか、ちょっとした小技をご説明します。まず、最初に1.2ヶ月でも良いので家計簿を付けることをおすすめします。これは市販のノートタイプでも、フリーソフトなどでも構いません。家計の基本は、収入と支出、つまり入ってくるお金と出ていくお金を把握することです。給料が毎月異なる自営業の方などは、毎月入ってくるお金も出て行くお金も変わるでしょう。収入が安定していない場合は、1,2ヶ月だけではなくできれば1年間定期的に家計簿をつけることをおすすめします。家計簿は最初のルールが肝心です。細かく設定すればするほど書くのは面倒になっていきます。最初は、食費・光熱費・収入・それ以外などの大まかな設定でも構いません。慣れていってから細かくしたい場合は工夫していきましょう。

家計簿をつけ始めると、大きな買い物をしていなくてもお金がどんどん減っていっている現状を目の当たりにするかもしれません。例えば、毎日1本缶ジュースを買っていると、月にするとそれだけで3000円以上でしょう。だからこそおすすめしたいのは自動積み立て定期預金です。自動的に定期預金口座に仕分けられるように銀行で設定しておくのです。できれば給料日直後の方が望ましいですよね。家計をやりくりするのは、自分をコントロールすることでもあります。うまくやりくりしてお金が貯まる仕組みを作りましょう。

人気のお金関連情報。このサイトがお勧め