お金を上手にやりくりするために、母は毎日のように家計簿をつけては支出なんかを事細かに記録していました。
お金が掛かって家計が厳しいです。
お金が掛かって家計が厳しいです。

お金を上手にやりくりするために家計簿を。

私の母は、私が物心ついた頃にはすでに家計簿を付けていました。小さな頃の私からすると、毎晩寝る前に何やら冊子のようなものにペンを走らせる母の姿は印象的で、てっきり日記のようなものを書いているんだろうなと思っていたものです。それが家計簿だと知ったのは中学に上がってしばらくした頃でした。社会科の勉強で家計のやりくり方法やお金に関する項目を勉強していた時に初めて家計簿というものの存在を知ったのです。

そういえば母親が毎晩何かを熱心に書き込んでいたなと思い出した私は、さっそくその日の夜に母に家計簿のことを聞いてみました。すると母は「そうよ、家計簿つけてるの。日記だと思ってた?確かに日記を書き込める欄もあるけどね。これをつけるとね、お金のやりくりがうまくいくようになるのよ」とどこか嬉しそうに言いました。中身を見せてもらうとその日に何を買って、いくらくらいの出費があったか、または夕食の献立とその材料費がおよそどれ位かということなんかも事細かに記されていました。それを見ているとなんだか自分までがやりくり上手になったような気がしたのと同時に、母が毎日のように細かいことを記入し続けているんだと考えると、急に自分の母が偉大な人なような気がして誇らしく感じたものです。あれからかなりの歳月が流れましたが、私も今家計簿はつけていないものの、毎日の支出をノートにまとめるようになりました。これも母の教えてくれた通り、お金をうまくやりくりすることが出来る方法の一つだと思っています。

人気のお金関連情報。このサイトがお勧め

  • FXの口座をお考えの方にオススメなのはこちら。