始めて家計を切り盛りする立場になった時お金の管理が難しくて家計簿を付けて様子を見る事にしました。
お金が掛かって家計が厳しいです。
お金が掛かって家計が厳しいです。

お金の管理と家計とは

新婚で始めてお金を預かり家計を任されてもどのようにして良いか分かりませんでしたので家計簿を付けて様子を見る事にしました。家賃のようにはじめから金額の分かる物は良いのですが光熱費や交際費日用品にどの位かかるのかも分かりませんでしたからやりくりのしょうも有りませんでした。一年くらい几帳面に全てのお金の流れが見えてくればその後は大まかに予想出来ますから預金に回す金額も把握出来るようになりました。家計を担う為には自分達の生活の仕方を確認しなとやりくりもどう対応して良いか分かりませんから一年間頑張って家計簿をつけてきた甲斐があると思っています。

現在大体の出費が予想出来るようになりましたので口座から引き落とし出来る物は全て手続きをして生活費はカードで支払っています。カードで支払えない細々とした物だけ現金を引き出していますので毎月の使用した金額が簡単に把握出来ますから家計簿は全く付けていなくても赤字になる事が少なくなりました。毎月自分の収入の範囲で暮らしていければ健全な家計になると思っています。大きな買い物は貯まった預金を考えながら無理しないものを購入するようにしています。交際費だけは予想がつきませんからある程度の予備費はしっかり準備して置くべきだと思います。家族で話し合い将来どのような生活を送りたいか確認しておけば節約するにも全員で乗り切れると思います。

老後を安心して過ごすためにも家計の管理を考えています。